《テロ関連情報配信》トルコ南東部の爆弾テロで1名死亡。全土でテロの広がり警戒

May 4, 2016

現地時間の4日未明、トルコ南東部の都市マルディンにおいて自動車爆弾を用いたテロがあり警戒に当たっていたトルコ軍の1名が死亡した。事件はトルコ国家憲兵隊の交番付近で発生しており、同組織を狙ったものと考えられる。

犯行声明等は出されていないが犯行グループはクルド独立派過激組織PKKと見られている。PKKは主にトルコ東部を中心に活動しており、事件のあったマルディンも同国東部に位置している。

トルコでは先週もPKK系統のテロ組織がトルコ西部の都市ブルサで自爆テロを行う等、現在全土でPKK関連のテロが多発しておりモスクや観光地周辺での警戒が必要とされる。

 

以下ニュースより

<http://abcnews.go.com/International/wireStory/car-bomb-attack-southeast-turkey-kills-wounds-38863726>

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square