《テロ関連情報配信》ケニアで炭疽菌テロを試みた研修医逮捕ーISISとも関連か

May 4, 2016

現地時間4日未明、ケニア南部マクエニ群において炭疽菌を用いたテロを試みた研修医が逮捕された。研修医はISISと関連のある過激派組織との接触があったと見られる。

ケニアを始めとするアフリカ諸国では近年ISIS系統の過激派組織が活動を活発化させており、先月も同様の生物化学兵器を用いたテロが計画されていたとされる。

ISISは以前もシリア国内において生物化学兵器を使用したことがあり、今後もこうした兵器によるテロの警戒が必要とされる。

 

以下ニュースより

<https://tuko.co.ke/125522-police-arrest-kenyan-terrorists-planning-large-scale-attack-in-kenya.html>

 

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square