《テロ関連情報配信》高まるトルコ国内でのテロの危険性

April 14, 2016

先週トルコのエルドアン大統領がワシントンを訪問し、オバマ大統領と会談した。現在エルドアン大統領のクルド人勢力に対する対応で批判が高まっているが、ISIS打倒に向けたより一層のトルコ軍の関与に関して合意した。特に米国はISISが支配しているシリア国境地域の奪還に強い関心を示している。ISISのテロリストの欧州への渡航を阻止すべく国境地域から内陸部に締め出したい考えだからだ。実際にパリやブリュッセルでテロを起こした犯人グループはこうした国境地域から出入りしたと考えられている。

 

トルコ軍の支援を受けている勢力がこうした国境地域の奪還を進めており、ISISもトルコ国内でのテロを計画しているとされる。先週もトルコ国内においてテロを計画していたISISのテロリスト数人がトルコ当局に拘束されている。

 

以下ニュースより

(http://www.ecfr.eu/article/commentary_turkish_kurdish_race_to_seize_isis_territory6086)

 

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square