May 27, 2016

ドイツ当局はISISが6月にフランスで開催されるサッカー欧州選手権(ユーロ2016)での爆弾テロを計画していることを

警告した。

現在ISISは中東地域での活動拠点を失いつつあるものの、欧州にけるテロ計画を複数企てているとされる。

今月ストックホルムで開催されたユーロビジョンにおいてもISISのテロが計画されていたとして欧州の当局は警戒を

強めていた。

 

以下参照

<http://www.huffingtonpost.com/entry/isis-euro-2016-in-its-sights-says-german-spy-chief_us_...

May 19, 2016

現地時間19日、パリ発カイロ行きのエジプト航空機がレーダーから消失した事件でエジプト当局はテロの可能性について言及した。

同機には乗員乗客併せて66名が搭乗しており、機体の一部とみられる物体がギリシャ領内の島に漂着しているが詳細は依然として不明。

エジプト当局は現時点での原因の断定は避けたいとしながらもテロの可能性も否定できないとしている。

また、フランス当局も10日の国防会議において依然として、フランスにおけるISISのテロの危険性が最も高いとして同国離発着の航空便を含めた警戒が必要な点を指摘していた。

 

以下参照

<https://eng...

May 17, 2016

現地時間17日、イラク首都バグダッドで爆弾テロがあり64名が死亡した。現場はシーア派住民が中心の地区であり、爆発は合計3回にわたって発生した。

現在のところ犯行声明は確認されていないが、イラクではISISによるシーア派を対象とした爆弾テロが相次いでおり、今回もこうした組織の関与が疑われる。

 

以下参照

<http://english.alarabiya.net/en/News/2016/05/17/Two-bombs-in-Baghdad-kill-13-say-police-and-medical-sources.html>

May 16, 2016

現地時間15日夜、トルコ首都イスタンブルの路上で爆発があり通行人やタクシー待ちをしていた4人が負傷した。この事件での死者は確認されていない。

また現在のところ犯行組織については不明。

トルコでは4月末以降全土でPKKを始めとするクルド系テロ組織による爆弾テロが相次いでいる。トルコ軍も大規模な掃討作戦を進めておりこうした作戦に対する報復としてのテロへの警戒が大都市や観光地で必要とされる。

 

以下参照

<http://www.trtworld.com/turkey/bomb-blast-causes-fear-in-istanbul-no-ca...

May 15, 2016

現地時間15日イエメン南部の都市ムカッラでISISによる自爆テロがあり25人が死亡した。同都市では12日にも自爆テロがあり警戒が続いていた。

ムカッラを含む南部の都市は近年UAE等の支援を受けた軍による武装勢力の掃討作戦が進行している。

 

以下参照

<https://english.alarabiya.net/en/News/middle-east/2016/05/15/Suicide-bombing-kills-at-least-six-recruits-in-Yemen.html>

May 15, 2016

現地時間15日イラク首都バグダッド北部の国営のガス施設で自爆テロがあり11人が死亡した。

犯行グループは自動車を用いて自爆テロを敢行、後にISISが犯行声明を公表している。

イラクでは5月に入ってからシーア派や欧米文化施設を狙ったテロが頻発している。

 

以下参照

<http://www.aljazeera.com/news/2016/05/deadly-isil-suicide-attack-hits-iraqi-gas-plant-160515133017303.html>

May 11, 2016

現地時間10日、チェコ共和国全土において10個の爆弾を爆破するという予告が現地の警察にあり、警戒が続いている。

予告のあった地域は首都プラハのプラハ中央駅をはじめ全土にちらばっており、対象となった場所では大規模な避難活動や閉鎖が相次いだ。

現在のところ爆発は確認できていないが、未だに閉鎖が続いている場所もあり警察による警戒活動が続いている。

欧州では昨年末より各地でテロが計画されているとされ、先月の内相会合でもユーロポールがこれについて警告していた。また、ストックホルムでもISISによるテロが計画されているという情報もある。

 

下記参照

<h...

May 10, 2016

現地時間の10日、トルコ南東部の都市ディヤルバクルで警察官を狙った爆弾テロがあり数名が負傷した。犯行組織は不明なものの事件のあった都市はPKK等クルド系過激派の活動拠点に近くこうした組織の関与が疑われる。

トルコでは南東部を中心にクルド系過激派組織が活動を活発化させており、相次いで爆弾テロや警察への襲撃が発生している。

 

下記参照

<http://www.wptv.com/news/world/turkey-state-media-bomb-attack-hits-diyarbakir>

 

May 9, 2016

9日未明、ロシア連邦チェチェン共和国首都グロズヌイの検問所で自爆テロがあり、治安部隊の隊員6名が負傷した。そのうち3名は重症。

ロシア内務省によるとこのテロによる民間人への被害は出ていない。

ロシアでは9日戦勝記念日を迎えており、テロの危険がかねてより懸念されていた。

近年北コーカサス地方の過激派組織のみならずISISもロシアでの聖戦を宣言する等危険が高まっている。引き続きモスクワやペテルブルク等大都市でも警戒が必要とされる。

 

下記参照

<http://www.interfax.ru/russia/507439>

May 8, 2016

エジプト内務省は8日、カイロで警察車両に対する銃撃があり警官8名が死亡したと発表した。この事件に関してISISが犯行声明を発表している。

犯行グループは4人組でピックアップトラックにて警察車両に接近、銃撃を加えた。

2011年以降、エジプトでは治安部隊の死傷者が激増しており、今回の事件で累計死者数は732名にのぼるとされている。

湾岸諸国から北アフリカ諸国の首都近郊では4月以降テロが急増しており警戒が続いている。

 

下記記事参照

<http://www.aljazeera.com/news/2016/05/isil-police-office...

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事