April 7, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリストの桃井です。

現在訪日外国人数は増加の一途をたどっています。イスラム過激派による無差別テロも増加傾向にあり、日本国内でのテロの発生も懸念されています。

実際イスラム過激派組織のメンバーが日本に潜伏していたこともあり日本国内において無差別テロが発生する可能性も低くありません。

こうした状況下において日本の企業はどういった対策を取るべきなのでしょうか。

 

重要視されるテロが起きた際の「被害抑制」対策

現在日本において対策が急がれている対策がこの被害抑制になります。文字通りテロが発生した際の被害をどのよ...

April 1, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリスト桃井です。

今回は企業や個人のテロ対策の基本的な考え方についてご紹介したいと思います。

 

なぜテロ対策と言われてもピンとこないのか

連日紙面を賑わせるテロと叫ばれるその対策、必要とは分かっていても実際どのような手段を講じるべきなのか分からないという声はよくお聞きします。

たしかに近年頻発しているイスラム過激派による無差別テロは日本において身近ではなく、今更対策と言われても難しいのかもしれません。

また、日本においてはテロ研究自体もあまりさかんではなく、テロの原因としてマスコミ等で語られるのも貧困や...

March 31, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリー対テロ調査チームアナリストの桃井です。

 

連日報道されるISISをはじめとしたイスラム過激派によるテロ。彼らの危険性としてあげられる点が「テロが目的化している」点です。他のテロ組織と異なりテロ行為、殺傷行為そのものが目的であるためより多くの民間人の犠牲を狙えるようなテロ行為を行う可能性が高いということです。

この危険性は宗教型テロリズムの特徴でもあるのですが、これについては下記バックナンバーでご紹介いたしました。

こうした組織が日本においてテロを行う際にはどういった手法を取るのでしょうか。

 

日本国内でテ...

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square