May 23, 2016

4月、5月と世界的にテロの発生件数が激増しています。

主に中東、北アフリカ、南アジア地域での発生件数、犠牲者数が顕著ですがその一方で東南アジア地域での発生件数が増加しています。

タイでは4月、11件のテロが発生しており、そのいずれも南部を拠点とするイスラム過激派のものとされています。この11件という数字は4月のテロ発生件数としてイラク、アフガニスタンに次ぐものになります。

 

発生している地域

主にソンクラー、ナラーティワート、ヤラーを始めとするタイ南部で発生しています。

同地域はムスリムやマレー系の住民が多く伝統的にタイ政府との衝突を繰り返し...

May 10, 2016

現地時間の10日、トルコ南東部の都市ディヤルバクルで警察官を狙った爆弾テロがあり数名が負傷した。犯行組織は不明なものの事件のあった都市はPKK等クルド系過激派の活動拠点に近くこうした組織の関与が疑われる。

トルコでは南東部を中心にクルド系過激派組織が活動を活発化させており、相次いで爆弾テロや警察への襲撃が発生している。

 

下記参照

<http://www.wptv.com/news/world/turkey-state-media-bomb-attack-hits-diyarbakir>

 

April 5, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリスト桃井です。

現在個々の国や企業、個人が各々にテロ対策を取っていますが、そもそもテロ問題の解決って可能なのでしょうか。

 

テロ対策とテロ問題の解決の相違

①テロ対策はテロの直接的原因の排除

似ているように見えてこの二つは同義ではありません。まずテロ対策というのは実際にテロをさせない環境づくりやテロ発生時の被害抑制を目的として取られる施策です。テロリストにとってテロを起こしにくい環境やテロを起こしてもあまり被害が期待できないようにするということになります。ただこれについては特定の場所や企業単位で行う...

March 29, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリー対テロ調査チームアナリストの桃井です。

 

今回はISISとアルカイダの違いについて述べていきたいと思います。

イメージとしてはどちらもイスラム過激派組織であり、反西欧文明を掲げ爆弾テロ等の手段で市民を無差別に殺傷する組織といったところでしょうか。

ただISISはアルカイダから破門宣告を受けており、この二つの組織は反目しあっているという実態もあります。それはなぜなのでしょうか。

これについて中東・ユーラシア地域のテロリズム研究を長年行っているJamestown Foundationの記事(www.james...

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索