May 9, 2016

9日未明、ロシア連邦チェチェン共和国首都グロズヌイの検問所で自爆テロがあり、治安部隊の隊員6名が負傷した。そのうち3名は重症。

ロシア内務省によるとこのテロによる民間人への被害は出ていない。

ロシアでは9日戦勝記念日を迎えており、テロの危険がかねてより懸念されていた。

近年北コーカサス地方の過激派組織のみならずISISもロシアでの聖戦を宣言する等危険が高まっている。引き続きモスクワやペテルブルク等大都市でも警戒が必要とされる。

 

下記参照

<http://www.interfax.ru/russia/507439>

May 8, 2016

エジプト内務省は8日、カイロで警察車両に対する銃撃があり警官8名が死亡したと発表した。この事件に関してISISが犯行声明を発表している。

犯行グループは4人組でピックアップトラックにて警察車両に接近、銃撃を加えた。

2011年以降、エジプトでは治安部隊の死傷者が激増しており、今回の事件で累計死者数は732名にのぼるとされている。

湾岸諸国から北アフリカ諸国の首都近郊では4月以降テロが急増しており警戒が続いている。

 

下記記事参照

<http://www.aljazeera.com/news/2016/05/isil-police-office...

May 4, 2016

現地時間4日未明、ケニア南部マクエニ群において炭疽菌を用いたテロを試みた研修医が逮捕された。研修医はISISと関連のある過激派組織との接触があったと見られる。

ケニアを始めとするアフリカ諸国では近年ISIS系統の過激派組織が活動を活発化させており、先月も同様の生物化学兵器を用いたテロが計画されていたとされる。

ISISは以前もシリア国内において生物化学兵器を使用したことがあり、今後もこうした兵器によるテロの警戒が必要とされる。

 

以下ニュースより

<https://tuko.co.ke/125522-police-arrest-kenyan...

May 4, 2016

現地時間の4日未明、トルコ南東部の都市マルディンにおいて自動車爆弾を用いたテロがあり警戒に当たっていたトルコ軍の1名が死亡した。事件はトルコ国家憲兵隊の交番付近で発生しており、同組織を狙ったものと考えられる。

犯行声明等は出されていないが犯行グループはクルド独立派過激組織PKKと見られている。PKKは主にトルコ東部を中心に活動しており、事件のあったマルディンも同国東部に位置している。

トルコでは先週もPKK系統のテロ組織がトルコ西部の都市ブルサで自爆テロを行う等、現在全土でPKK関連のテロが多発しておりモスクや観光地周辺での警戒が必要と...

May 2, 2016

FBI(米国連邦捜査局)は2日、フロリダ州のシナゴーグへの爆破を企んだとして同州の40歳の男を逮捕したと発表した。男は近年イスラム過激派の影響を受けていたとされ「ISISは米国にもいる」等の発言を繰り返していた。

この男がシナゴーグへの銃撃や爆破を企んでいるという情報が入り、FBIが捜査を進めていた。FBIによると男は当初シナゴーグへの銃撃を計画していたが下見の段階で爆破に切り替えたという。

米国ではこうしたホームグロウンテロ(過激派に影響されテロリストと化した米国人によるテロ)の脅威が高まっており、警戒が続いている。

 

以下ニュースより

...

May 2, 2016

13人以上が負傷したブルサでの自爆テロについて、クルド系過激派組織PKKの関連組織であるTAKが2日ウェブサイトにて犯行声明を公開した。

同ページによると実行犯である女は24歳で、TAKの構成員であるとしている。

通常PKKはトルコ東部で活動することが多かったが、近年活動領域の拡大を試みており、ブルサで起きたテロにはこうした背景があると考えられている。

 

以下ニュースより

<http://www.dailysabah.com/war-on-terror/2016/05/01/pkk-terrorist-organizations-offsh...

May 2, 2016

現地時間の2日、バグダッドにおいて自動車爆弾によるテロがあり、シーア派の巡礼者13人が死亡した。巡礼者たちは千人規模の団体で、バグダッドのシーア派聖職者の墓墳への道中だった。

イラクでは2日前にもサマワでの爆弾テロが発生しており多数の死傷者が発生している。また、バグダッドにおいても昨日シーア派の指導者サドル師の支持者らが国会を占拠する等混乱が続いている。

こうしたシーア派の動きに対するテロである可能性もある。

 

以下ニュースより

<http://www.aljazeera.com/news/2016/05/baghdad-car-bomb-...

May 2, 2016

イラク情勢の混乱が続いている。現地時間5月1日サマワにて発生したISISによる爆弾テロでは32名が死亡し、75名以上が負傷した。現在シリアでの掃討作戦が続いておりISISはシリア国外での作戦を強化しつつあるなかでの犯行だった。

一方バグダッドでは、アバディ政権が28日に国会を占拠したサドル師の支持者らの逮捕を命じ混乱が続いている。これに対して支持者らは24時間以内に一旦占拠を止めるとしながらも、今週末までに状況が改善されない限り再度占拠を試みる旨を主張する等混乱が続いている。

 

以下ニュースより

<http://www.aljazeera...

Please reload

特集記事

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものな...

タックスヘイブンがテロ組織に利用される危険とは?ーテロ組織の存続につながる恐れ

April 14, 2016

1/2
Please reload

最新記事