April 14, 2016

イスラエル首相官邸テロ対策室は12日火曜日世界各地でのイスラム過激派によるテロに注意するよう警告を発した。先月トルコのイスタンブルにおいてイスラエル人観光客3人が死亡する自爆テロが発生しており、当局は世界各地に観光地においてテロに十分注意するよう呼びかけている。

このテロではイラン人観光客も犠牲になっており、日本人が巻き込まれる可能性もゼロではない。

たとえばヒズボラはイスラエルに対するテロを世界各地において行うことを宣言しており、イスラエル国外の観光地等でもこうした組織による犯行が懸念される。

 

以下ニュースより

(http://www....

April 14, 2016

先週トルコのエルドアン大統領がワシントンを訪問し、オバマ大統領と会談した。現在エルドアン大統領のクルド人勢力に対する対応で批判が高まっているが、ISIS打倒に向けたより一層のトルコ軍の関与に関して合意した。特に米国はISISが支配しているシリア国境地域の奪還に強い関心を示している。ISISのテロリストの欧州への渡航を阻止すべく国境地域から内陸部に締め出したい考えだからだ。実際にパリやブリュッセルでテロを起こした犯人グループはこうした国境地域から出入りしたと考えられている。

 

トルコ軍の支援を受けている勢力がこうした国境地域の奪還を進め...

April 14, 2016

現在、世界の有力実業家や政治家の関与が疑われているパナマ文書により話題に上がるようになったダックスヘイブンですが、こうした地域がマネーロンダリング等の国際犯罪の温床のなっているとの指摘もあります。またテロリズムとも決して無関係ではありません。タックスヘイブンとテロリズム、その関係性はどういったものなのでしょうか。

 

タックスヘイブンの匿名性がテロ組織の資金管理を容易に

 タックスヘイブンで指摘される問題点のひとつがその高い匿名性です。たとえば通常銀行口座を開設する際は身分証や履歴事項全部証明書等、個人や組織が特定できる証明書が必要になる...

April 9, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリストの桃井です。

先日も同様の質問をいただきましたが、よくいただく質問に「民主主義国家はテロ問題が起きにくいというのは本当?」というものがあります。

民主主義国家は反対派に対するチャネルが開かれているため、わざわざテロのような暴力行為に走らなくても自分たちの大義や見解を表明することができます。こうした観点から民主主義国家ではテロ問題が起きにくいのではないかということのようです。

実際のところどうなのでしょうか。

 

研究者によってはそうした主張をする人もいる

実際研究レベルにおいても民主主義国家とテロリ...

April 8, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリストの桃井です。

本日の読売新聞の朝刊において日本と各国のテロ対策を比較した記事が掲載されていましたが、やはり日本のテロ対策は諸外国と比較して公安機関の権限が弱いことが指摘されていました。というのも、テロ対策を名目に公安機関の権限を強化することが世論的な反発を招くことが懸念されるため公安機関が対策強化をしにくいからだそうです。当ブログにおいてもこの点について言及したことがあります。

そもそも日本はテロリズムをどのように定義づけているのでしょうか。以前日本政府(公安調査庁)の定義については当ブログ...

April 7, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリストの桃井です。

現在訪日外国人数は増加の一途をたどっています。イスラム過激派による無差別テロも増加傾向にあり、日本国内でのテロの発生も懸念されています。

実際イスラム過激派組織のメンバーが日本に潜伏していたこともあり日本国内において無差別テロが発生する可能性も低くありません。

こうした状況下において日本の企業はどういった対策を取るべきなのでしょうか。

 

重要視されるテロが起きた際の「被害抑制」対策

現在日本において対策が急がれている対策がこの被害抑制になります。文字通りテロが発生した際の被害をどのよ...

April 6, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリストの桃井です。

近年イスラム過激派によるテロの激増を受けテロ対策が叫ばれるようになりましたが、日本のテロ対策の特徴はどのようなものなのでしょうか。なんとなく駅のゴミ箱の中が見えるようになっているだとか、防犯カメラの配備だとかが思い浮かびますが、他国と比較して日本はテロをどのように認識し、どのような対応を志向しているのでしょうか。

 

テロ問題の捉え方ー根本的原因へのフォーカスに偏っている

①当局の捉え方

テロの原因には根本的原因と直接的原因の2種類があります。根本的原因とは経済格差や宗教問題、領土問...

April 5, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリスト桃井です。

現在個々の国や企業、個人が各々にテロ対策を取っていますが、そもそもテロ問題の解決って可能なのでしょうか。

 

テロ対策とテロ問題の解決の相違

①テロ対策はテロの直接的原因の排除

似ているように見えてこの二つは同義ではありません。まずテロ対策というのは実際にテロをさせない環境づくりやテロ発生時の被害抑制を目的として取られる施策です。テロリストにとってテロを起こしにくい環境やテロを起こしてもあまり被害が期待できないようにするということになります。ただこれについては特定の場所や企業単位で行う...

April 4, 2016

日本においてテロ対策と言えば防犯カメラが浮かぶ方も多くいらっしゃるかと思います。実際日本の防犯カメラの設置数は増加の一途を辿っており、一説によると300万台以上ともされています。たしかにその存在感による犯罪抑止力はある程度の信頼を得ているものと思われます。これらはイスラム過激派によるテロ対策にも有効なのでしょうか。また期待できる効果は何なのでしょうか。

 

期待される防犯カメラの役目

①テロの未然防止のための抑止力

防犯カメラの存在によって、実行犯の検挙は以前よりも容易になりつつあります。実際2013年に発生したボストンマラソン爆破テロの際...

April 1, 2016

こんにちは、ネコテックインダストリーアナリスト桃井です。

今回は企業や個人のテロ対策の基本的な考え方についてご紹介したいと思います。

 

なぜテロ対策と言われてもピンとこないのか

連日紙面を賑わせるテロと叫ばれるその対策、必要とは分かっていても実際どのような手段を講じるべきなのか分からないという声はよくお聞きします。

たしかに近年頻発しているイスラム過激派による無差別テロは日本において身近ではなく、今更対策と言われても難しいのかもしれません。

また、日本においてはテロ研究自体もあまりさかんではなく、テロの原因としてマスコミ等で語られるのも貧困や...